FUJITAKA TOWEL

FUJITAKA TOWEL

タオルを究める。

藤高タオルは、今治を代表するタオルの老舗。
技術の藤高として、タオルの品質向上を追求し続けてきた、
国内生産売上No.1タオルメーカーです。

Since1919. 創業100年の技術力

藤高タオルは大正8年創立、2019年で創業100年。
タオルの名産地、今治に現存するタオルメーカーで最も歴史あるメーカーで、
その強みは、糸染めから仕上げまで自社で一貫生産できることです。
様々な技術革新で、今治におけるタオルの品質向上を支えてきました。

Made in 今治

今治市は、水に恵まれ、明治時代からタオルを製造してきた名産地です。
藤高タオルは、そんな今治で織機保有数、整経機保有数ともにNo.1。
2017年には最新式濾過装置を導入。新技術で第4回ものづくり日本大賞受賞。
いっそう安心・安全・高品質なタオルづくりを目指しています。

ふるさと今治での取り組み

タオルの名産地として知られる今治は、瀬戸内海の良港として
古くから繊維業や造船業で栄えてきた歴史豊かな町です。
当社では、築100年の「八木商店本店」を歴史資料館として公開するなど、
今治の歴史保存活動にも取り組んでいます。

八木商店本店資料館

1918年、今治市波止浜に建てられた貴重な近代和風建築。
当時、蟹工船のパイオニアとして知られ、旧波止浜村村長も務めた北洋漁業の雄、八木亀三郎の旧邸です。
当社では建造物を保存整備し、八木家の資料約1900点の一部と
郷土の画家・書家の作品を同時に一般公開しています。